FC2ブログ

お店を囲む自然と生活

工房jiN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:-- |
  2. スポンサー広告

梵天(ぼんてん)

ワタスゲ

今、山の湿原ではワタスゲが満開である
花ではないので満開という表現はどうかと思うが
ワタスゲの花は黄色い地味な花、あまり写真の対象にはならない
咲き終わった後の果穂が湿原の緑によく映えるので、湿原の代表的被写体となりますね。


2016年6月18日 尾瀬横田代




2015年7月25日 尾瀬沼尻平 
DSC00644a.jpg
(木道の先の沼尻休憩所は9月21日火災で全焼失してしまいました)



2016年6月12日 芳ヶ平
IMGP3495a.jpg



2010年7月24日 苗場山
DSC_0076a.jpg



2010年7月10日 平標
DSC_0357a.jpg
 


2011年7月12日 尾瀬ヶ原
DSC00646a.jpg


ワタスゲは耳かき棒に似ている

耳搔きの反対に付いているふわふわは、梵天と言うのだそうです。



スポンサーサイト
  1. 2016-06-23 18:52 |
  2. 自然(空)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

合歓の花 2016

合歓の花が咲き始めた
17日(金)に咲いているのを初めて確認、このところの4,5年咲き始める時期は同じだ
お店の周りにはたくさんの木がある、シンボルのグミの木を始め、杏子の木、梅の木、サクランボの木、ミカンの木、プラムの木、ほうき桃、ザクロの木、モクレン、桜、蝋梅、ヤマボウシ、桑の木…これらはみな苗木を植えて育てたものですが、栴檀とこの合歓の木は自然に生えてきたもの


IMGP3733a.jpg
店の窓側の席では、合歓の花を見ながらお食事ができます

  1. 2016-06-21 22:17 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尾瀬 アヤメ平

6月18日(土)
先週に引き続き山を歩く
今日は尾瀬、アヤメ平から原に降りるコース
水芭蕉は咲き終わり、ニッコウキスゲはまだ咲かない
尾瀬ヶ原は花の少ない時期
尾瀬に短時間で行くにはやはり鳩待峠から
バスが峠に到着すると、私以外は皆尾瀬ヶ原を目指し山ノ鼻へ行った
その集団から分れ、一人アヤメ平へ

尾瀬ヶ原より横田代を経てアヤメ平に向かうコースの方が花は多く見られ
しかも行き交う人も少ないので断然お勧めのコースと思う


アヤメ平

池塘と至仏山
ここを訪れる度、毎回撮影するお馴染みの風景
至仏山にはほんの少しだけ雪渓が残り、高山植物の咲き乱れる季節を迎えようとしている
植生保護のため7月まで、至仏山は登山禁止の時期に入っている




富士見田代
IMGP3635a.jpg
風がなければ湖面に逆さ燧ヶ岳がみえる



ワタスゲ
IMGP3615a.jpg
横田代はワタスゲの時期 他にはタテヤマリンドウ チングルマ ヒメシャクナゲ ウラジロヨウラクも


カエデの花?
IMGP3639a.jpg
長沢の道を原に降りる途中 これはカエデの花でしょうか?

尾瀬ヶ原
IMGP3692a.jpg
東電小屋へ向かう三叉路
至仏山と手前の森が牛首
湿原にあまり目立つ花は見られませんが、タテヤマリンドウあちこちで見られます。
ヒメシャクナゲも存在は確認できました、水芭蕉の白い花は一つだけ見つけました。
リュウキンカもの名残は2,33か所見られました。あまり目立ちませんがオゼヌマタイゲキはたくさん見られました。
一番目立ったのはヒオウギアヤメの青紫の花です、これから咲こうとしています。


ヒオウギアヤメ
IMGP3701a.jpg
奥の池塘の陰にはカモがいました

梅雨の晴れ間の青空
IMGP3708a.jpg
ヒオウギアヤメも



上ノ大堀川
IMGP3694a.jpg
暑さを忘れる風景



ボッカ
IMGP3681a.jpg
邪魔をしないようすれ違う
ひたすら重荷に耐え、重心が移動しないよう気持ちを集中させ、無駄な動きをすべて排除し、静かに確実に歩みを進めてゆく、座禅を超えた修行かもしれない
手を前に組み、口をキュッと引き締め、呼吸も静かに、目は数歩先を見つめ、視線を逸らすことなく、焦ることなく静かにただ静かに目的地を目指しているのであろう・・・







  1. 2016-06-20 08:55 |
  2. 自然(山)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

田植え2016年

6月7日よりトラクターが使えるようになり
代かきを始める


10日(金)代かき終わる



IMG_1041a.jpg13日(月)田植え終わる



田植えは人に頼んで植えてもらっている






  1. 2016-06-14 09:04 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北橘地区ハイキング下見

草津にある「芳ヶ平湿地群」は昨年ラムサール条約湿地登録簿に掲載された
ラムサール条約は、水鳥等の生息地として国際的に重要な湿地及びそこに生息・生息する動植物の保全と適正な利用を促進することを目的とした条約であるという
今年の北橘町のハイキングはここに決まった

12日(日)は下見としてここを訪れました



草津の温泉地からここまで約3時間


IMGP3497b.jpg

芳ヶ平の湿原はワタスゲの最盛期でした


IMGP3509a.jpg


登山口から芳ヶ平まで咲いている花を撮りながら
図鑑で花の名を調べながらのんびり歩いた


IMGP3461.jpg
ギンリョウソウ

IMGP3464.jpg
ニガナ

IMGP3466.jpg
サラサドウダン

IMGP3473a.jpg
オククルマムグラ?


IMGP3477.jpg
マイズルソウ

IMGP3480.jpg
アカモノ


IMGP3483.jpg
・・・ツツジ


IMGP3511.jpg
イワカガミ


IMGP3513.jpg
ツマトリソウ

IMGP3514.jpg
ゴゼンタチバナ

IMGP3489.jpg
不明


IMGP3478.jpg
不明


IMGP3505.jpg
湿原の木道でゆっくりと時間を過ごす
尾瀬と違って人がいない
とても良いところ


今週末、蛍で有名な田口町でほたる祭りが行わた
付近の道路には交通整理の人が立ち、来場者の車を誘導していた
蛍も沢山飛び、人も沢山来る

我が店の前の川も蛍が飛んでいる
3から5匹、ジョッキ片手に一人で蛍狩り
とても良いところ










  1. 2016-06-12 17:05 |
  2. 北橘町の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シモツケとシモツケソウ

庭の下野草が咲いた

シモツケソウとシモツケは違う花であることを知った
葉の形が全く違うので区別しやすい


IMGP3376a.jpg
シモツケソウ(下野草)




IMGP3380b.jpg
こちらはシモツケ(下野)



二つの花が隣どうしで咲いている
手前がシモツケソウ奥がシモツケ



お客様のテーブルに飾ることも多いので調べてみました



  1. 2016-06-12 17:01 |
  2. 自然(花)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。