お店を囲む自然と生活

工房jiN

最近のランチ


ランチのスタイルは良く変わります
8月25日のサイドメニュー
食器の種類も増えました
毎週月曜の最初のオーダーで私も知ることになります。
シェフは常に新しい事を考えています
止まることはありません



スポンサーサイト
  1. 2017-08-28 08:04 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イベント出店

8月26日(土)
富士見で行われたイベントに出店


お弁当と焼き菓子を販売
お弁当は早々に終わってしまいました
長い天候不順の後久しぶりの清々しい1日でありました






双子のお子様を連れたお母様
可愛かったですね
  1. 2017-08-27 05:30 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼きおにぎりのおべんとう

お盆休み開けお弁当のメニューに新しいものが登場した
焼きおにぎりのおべんとうとカツのお弁当
通常2段の下がご飯で上がおかずになるのですが、ご覧のように上下で1っセットです
おにぎりはとにかく手間がかかる


ユー子シェフは常に新しいことを考えている
そして週初めに試行錯誤しながらしゅうせいしてゆき、完成したころにはもう終わり、翌週の新しいメニューに代わる。
このメニューも3日で終わるのか・・

  1. 2017-08-18 08:00 |
  2. 木の台所(お弁当)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

収納作り

店の裏の外壁に収納庫を作る


6月4日作業開始

ガラクタを取り除き外壁に屋根付きの収納棚を作る
ダクトとダクトの間に身長ほどの高さで幅2メートル以上


6月15日
IMG_23112017.jpg
作業はゆっくりと



7月19日前に完成
IMG_23972017.jpg
目的は畑の収穫物を入れるため
今年頑張ってジャガイモをたくさん作った
芋の種をまいていた時にふと思い作り始めた
キタアカリ、ベニアカリ、ノーザンルビー、シャドークィーン、キッズレッド、キッズパープル、レッドカリスマ、ピルカ、タワラヨーデル
ジャガイモは比較的失敗なく作れる
7月8日には子供たちのジャガイモ堀大会で全て収穫が済んだ



  1. 2017-08-15 17:40 |
  2. 物作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅間山

5月20日(土)浅間の外輪山を行く


車坂峠から歩いて一時間余り
トーミの頭の横に巨大な浅間が現れる
このポイントからの景色は絶景の一つ
DSC023402017.jpg
冬に登ると雪をまとった山肌に黒い筋が幾本も入りこれもまた見事である

今回はトーミの頭より草滑りを降りカルデラの中に入る
DSC023802017.jpg
山仲間の勧めもあって初めて草滑りを降りて見たが、予想以上の良いコース


DSC023722017.jpg
とにかく浅間が大きい



カラマツの林
DSC023792017.jpg
5月はまだ緑にならず



外輪山を歩く
DSC024082017.jpg



浅間の縁を歩きJバンドを登る
DSC023932017a.jpg
歩いてきた道を振り返る


今度は是非雪の浅間を
黒斑山から見るだけでなく浅間本体を登ってみたい



この一帯は絶景の地である
大きな物、巨大な物体、ここからの浅間を前にすると視野いっぱいに一つのものが占領し、視界に収まりきらない・・






  1. 2017-08-15 08:04 |
  2. 自然(山)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

杏の木

8月14日(月)
今年の夏も気候が変である 長寿台風5号が過ぎ去っても晴れたのは束の間、一週間以上梅雨のような天気が続いている
お盆休みの5日間は店の周りの除草と伸びきった樹木の手入れに明け暮れる



14日(月)

14日は杏の木とぐみの木の手入れ、グミの木は垂れ下がった枝を整理して風通しよくした、杏の木は途中から思いっきって切った
果物の木をよく実らせるための剪定の方法もあると思うが、知識もないのでバッサリと切った


IMG_2471.jpg
15日(火)

店の周りには果実がなるものばかりを植えた
グミ、スモモ、サクランボ、栗、杏、少年時代近所に家にあって家には無かった木を中心に

  1. 2017-08-15 07:21 |
  2. 木の台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川の維持

お盆休みは15日まで
その間に川の管理
流された部分に土を入れた
畑から一輪車で役20杯


木製の欄干の橋の下に2本の丸太が架かっているのが見える
これは昔の橋である 昔(およそ50年前)この川の両側は稲を作っていた田んぼであった
左の店が立っている土地は1,2メートル低く後で埋め立てて高くした この川は生活用水とともに稲作のために利用していた
この場所はあぜ道をつなぐ小さな橋、橋といっても橋といえないような丸太が一本渡してあるような簡単なものが、さらにその昔あった
そして城山の周りの電信柱がコンクリート製のものに変わったとき、いらなくなった電柱を温泉の下から運んできて橋として利用したのである
私が中学生の時だったと思う、父親に連れられて城山の南側から苦労して運んできた思い出の丸太橋




  1. 2017-08-13 22:03 |
  2. 木の台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前橋花火大会

城山から


(いつか鍋割山から・・)



  1. 2017-08-13 06:46 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0