FC2ブログ

お店を囲む自然と生活

工房jiN

孤高のブナ

ADS_6695 (2)
栃木県足尾町にある銅親水公園(あかがねしんすいこうえん)から2時間余りで中倉山に登る
その尾根上に一本のブナの木が立っている 登山者の間では「孤高のブナ」と呼ばれこの木に会うためにこの中倉山に登る人が多い 銅山の煙害や伐採や山火事により木が失われ丸裸になった山肌に残った象徴的一本のブナの木 稜線の真ん中に立ち青空と雲を背景に多くの写真が撮られ一年を通して登山者が絶えない 1月9日(土)念願の木に会いに登った

ADS_6687 (2)
冬晴れ 日本中が冷え込んだ 日本海側は大雪 山頂は快晴 中倉山山頂


ADS_6679 (2)
霜柱が毛糸の球のように・・触れるとあっという間に粉々になる


ADS_6670.jpg
日光の男体山

ADS_6681 (2)
銅山の影響で緑豊かだった松木渓谷 荒廃し日本のグランドキャニオンと呼ばれた この渡良瀬川源流は皇海山に続く 今も復興に向け植林活動が続けらている


ADS_6696 (2)孤高のブナは 孤独ではない 周りには多くのブナが




 


スポンサーサイト



  1. 2021-01-10 05:56 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月2日の赤城山

ADS_6617.jpg
鳥居峠 車17台 今日はすっきりとしたきれいな日の出でした
富士見の赤い大鳥居から赤色灯を付けたパトカーの後ろを大沼まで


ADS_6655 (2)
大沼湖畔に咲いた 冬の華



  1. 2021-01-02 19:03 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きつねが出る場所になる

ADS_6662 (2)
店の隣の畑に現れるようになった
数週間前から夜非常に奇妙な叫び声が聞こえるようになった 飼い犬フジの鳴き声とは違う少し人間に似た絶叫のような 少し怖いような 叫び声の方向にライトを照らすとしっぽの長い茶色の動物が逃げ去っていった そして本日昼間その正体が明らかになった  き つ ね  遠くからカメラを向けただけで気づかれすぐに逃げて行った 上の写真はかろうじて撮れた一枚
10年位前から た ぬ き  は出現していた ある日の店の営業中 お客様が皆一斉に立ち上がり窓の外を見だした 店の前の川に狸が水を飲みに来ていたのだった そして今年の夏には  き じ  が現れた 駐車場を走り去ったらしい
昔話に出てくる田舎の民家みたいになった 良いのか悪いのか分からない・・・
  1. 2021-01-02 18:02 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2021 初日を撮りに

6時10分出発 今年は佛光山法水寺へ 境内は参拝自由のようなので 何しろ広く長い階段を登らねば 空は快晴 気温マイナス3度 最上段で見学者30人から50人位か 

ADS_65512020.jpg
初日を撮るのも毎年の行事となった
今まで行ったのは 渋川運動公園 自衛隊相馬ヶ原駐屯地 富士見峠(榛東) 大規模ソーラー発電(行幸田) 上毛大橋 

最近は日の出より日の出を見に来る人を撮るようになった どっから見ても太陽には変わりない




 
  1. 2021-01-01 10:37 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展望の山 湯の丸

ADS_6513 (2)a
気になり続けていた山 湯の丸山に初めて登った 駐車場から1時間半で山頂 広い山頂が見え始めるとまず道標の頭が見え始める 大きな石畳で覆われた山頂 道標の背丈がどんどん長くなり根元が見えると同時に 視界一杯に左から右に180度アルプスの雪山の連なりが一気にせり上がる この演出には感動を覚えた 次来るときは日の出2時間前に出発 満天の星空が薄くなり空が茜色に染まり日の出 アルプスの雪山がモルゲンロートに輝くのを是非に見たい



ADS_6496a.jpg
朝の雪山 樹林帯の中を歩く楽しみは 雪面に移る影と雪の粒の輝きかな 静けさの中で




  1. 2020-12-27 18:42 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0